top of page
  • sfdorama

第3回公演に向けて〜勉強〜

どうも、劇団偽物科学の河野です。9月に入ったものの、まだ暑い日々が続きますね〜。唐突ではありますが、皆様は夢を見たりしますでしょうか?


私は今月夢を見てませんが、変な夢を見た時がありますね〜。特に、テレビをつけたまま寝てしまった時は夢の中で空耳感覚でテレビの音声が流れてしまう時があります。不思議なこともありますよね〜。こういった現象、なんというのか分からないんですよね。もし、自分はわかるよって人が居ましたら是非とも教えてください。


さて、今日は皆で本公演の脚本について、演出さんがしゃべりまくって、情報をまとめることをしています。私自身、こういった経験はありませんので非常に貴重な体験をしましたね。ますます、本公演が楽しみになってきました。照明スタッフとしても本格的に動きますので気を引き締めて頑張りたいと思っております!



✄-------------------‐✄

スタッフK「はい!では、劇団員インタビュー!今回のお相手は〜?れんさんです!よろしくお願いします!」

れんさん「はい、よろしくお願いします。」


Q,将来の夢はなんですか?

れん「夢は幾つもありますが3つ紹介します。

1つ、声を使った仕事に就きたいこと。

2つ、前から考えている漫画のストーリーがあり、それを形として残すこと

3つ、これは私にとって大きな夢です。名前は伏せますが、憧れている声優さんに会いたい

この3つが私の夢です。」


スタッフK「夢が幾つもあると聞いて驚きました。が、多く持つのはとても良い事です!れんさんはとても良い声を持ってますし、行動力がありますのでこれからも夢に向かって頑張ってください!私、密かに応援してます!」


Q,本公演に向けて練習の意気込みをお願いします

れんさん「私は劇団に所属する前から自分を表現することへの抵抗感を克服したいという気持ちがあったので、今回役をいただけたことでそれを実現するための明確な目標ができたと捉えています。

初めての公演ということでセリフの抑揚や感情の込め方などの悩みもあり、先日実際に舞台の上で稽古をした際には声量不足も痛感したため不安も多くありますが、それらは裏を返せば成長のチャンスでもあります。

自分を信じつつ、楽しみながら本公演に向けて練習を重ねていこうと思っています。」


スタッフK「私もこの姿勢を見習わないといけませんね。前回のインタビューの時も痛感しましたが、私にはまだ熱量が足りてないんじゃないかと思いました。今回は私はスタッフという立場でありますが、大舞台に立つ役者さんたちを輝かるよう、私も頑張らないと行けませんね!スタッフの皆も役者さんの頑張りに負けないようにしないといけませんね!!」


本日はこれまで!れんさん!インタビューを受けて頂き、ありがとうございます!

私もそろそろ活動を開始しますので、もしかしたら会える回数が少なくなるかもしれません…( ノ ̫<。 )


そうなりましたら皆様、また会える時を楽しみにしてくださいね!

次のブログで会いましょー!ばいばーい!!

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page