top of page
  • sfdorama

劇団偽物科学は第3回本公演を行います

劇団偽物科学主宰です。


きたる2月本公演を行います。一年ぶりの公演で、初めての長編ものです。


乞うご期待



【公演情報】

劇団偽物科学第3回本公演「そらまわる」

■日時

2/17(土) 13:00〜(A)/18:00〜(B)

2/18(日) 13:00〜(A)

※公演30分前より受付・開場開始。

※上演時間は1時間30分を予定

■会場

久留米シティプラザ Cボックス

住所: 福岡県久留米市六ツ門町8-1

■チケット料金

<一般>

自由席 2000円

高校生以下 1500円

※受付にて学生証をご提示ください。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。


予約はこちらから↓


-演目-

『そらまわる』

 ある日、地球に隕石が降る。そんな“いつか”の為に、シェルター『ノーチラス』をお勧めします。

役に立つ日は突然やってきた。家族がシェルターに逃げ込むと、そこには1体のお世話ロボットがいた。

彼女の名前はAIデルタ。

これは家族とロボットが、星空を見上げるための物語。

■CAST

牛嶋木南

建山史奈

(A)

吉岡凜

鬼塚優馬

末武祐樹

(B)

友岡優香

若林蓮

近藤信

本田隆大(声の出演)

■STAFF

作・演出:塩足亮二

音響操作:森可帆

照明操作:河野雄大

制作:ノラちゃん、永田一輝、小野俊一郎

演出助手:橋本沙保里

美術:劇団偽物科学

舞台道具補佐:前田愛子(ensoku-bu)

音響・照明・舞台:株式会社西日本企画サービス

閲覧数:179回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第3回本公演『そらまわる』を終えて

初めましての方もそうでない方も。 大変お世話になっております。劇団偽物科学主宰です。 今回は、本公演を終えての裏話ということで記事を寄せます。 ほぼ、告解室の中で行った方がいい言い訳もきっと飛び出す事でしょう。 懺悔します。 1.脚本について 「そらまわる」という脚本ですが、当初は名前が違いました。脚本・公演の名前には紆余曲折があるものです。私だけでしょうか? そもそもは、今回の脚本を着想したきっ

bottom of page